【日商簿記3級】超入門 「当座預金」・「小切手」とは

簿記
スポンサーリンク

こんにちは、赤浦コウです。
本連載記事では、日商簿記3級に必要な学習内容を入門者向けに解説しています。

今回は、「当座預金」「小切手」について、入門者向けにとっても簡単に解説します。
「そもそも当座預金ってなに?」、「小切手ってどこが発行して、どこで換金できるの?」といった疑問を解決します。

「当座預金」とは

企業や個人事業主が銀行に開設している、手形小切手の支払い(振り出し)に使われる預金口座。
以下がメリット・デメリットを含めた特徴です。

我々が普段から使い慣れている「普通預金」とは随分異なりますよね。メリットだけ見ると誰しもが口座開設したくなりますが、もちろんデメリットもあります。それから、口座開設にあたり金融機関の審査が必要なため、個人での開設は基本的に難しいようです。

尚、当座預金は、簿記において頻繁にでてくる勘定科目ですので、入門者は、一先ず【当座預金=小切手が使える】という形で頭に入れておきましょう。

「小切手」とは

ところで、みなさんは小切手の現物を見たことはありますか? 私は、恥ずかしながらドラマや映画でした見たことがありません。ざっくり「現金に交換できるもの」という認識はあったものの、触れる機会がないが故、しっかり理解できていませんでした。ということで、簡単に解説していきます。

小切手は、銀行に持っていけば、いつでも現金に換金できます。そのため通貨代用証券(つうかだいようしょうけん)といわれ、現金と同じ扱いを受けます。多額の現金を持ち運ぶ必要がなく、入出金に関わる事務作業が軽減することから、多くの企業で用いられています。

小切手の振り出しと仕訳

小切手を記入して相手に渡すことを振り出しといいます。
小切手を振り出すには、当座預金口座が必要となりますが、振り出す時点では、預金残高以上の金額を振り出すことも可能です。あくまで、相手が換金する際に、振り出した金額分の残高があればいいのですが、この時に残高不足で換金できない状態のことを不渡りといいます。

実際は、小切手を渡した相手が銀行で換金した時点で、初めて当座預金の残高が減少するわけですが、簿記では小切手を振り出した時点で当座預金が減少したとして処理します。なぜかと言うと、小切手=現金ですから、小切手を振り出すとことは、当座預金から現金を引き出し、相手に渡したと考えるからです。

当座預金は資産ですので、小切手を振り出した場合(つまり現金を引き出したと考える)、仕訳の5ルールに従って、資産の減少として仕訳を行います。
※資産の仕訳  資産の増加→借方(左)   資産の減少→貸方(右)

【例】商品¥100を仕入れ、小切手を振り出して代金を支払った。
(借)仕入 100  (貸)当座預金 100

小切手を振り出したことにより、当座預金(資産)が減少するので、貸方に当座預金がきます。ここで、「小切手の減少」と考えしまうのはNGです。

小切手の受け取りと仕訳

小切手を受け取った場合は、現金を受け取ったとして処理を行います。

【例】商品¥100を販売し、小切手で代金を受け取った。
(借)現金 100  (貸)売上 100

売上は収益ですので、発生した場合、貸方に書きます。
小切手を受け取ることにより、現金(資産)が増加しますので、借方に現金を書きます。ここでも大切なのは、小切手=現金という考え方です。
ただし、問題文に「小切手を受け取り、ただちに当座預金口座に預け入れた」とある場合は、当座預金の増加として仕訳を行います(下記参照)。本当にややこしいですよね…

【例】商品¥100を販売し、受け取った小切手をただちに当座預金口座に預け入れた。
(借)当座預金 100  (貸)売上 100

小切手の仕訳における注意点

小切手の仕訳でややこしいのが、小切手を振り出した場合、当座預金の減少として処理するにも関わらず、受け取った場合は、現金の増加として処理することです。入門者は、小切手を受け取った場合に、当座預金の増加として仕訳しがちです。繰り返しになりますが、小切手=現金ですので、とやかく考えずに“受け取ったら現金”と覚えてしまいましょう。

◆ポイント◆
小切手の振り出し = 当座預金の減少
小切手の受け取り = 現金の増加
スポンサーリンク

まとめ

簿記では、「〇〇として処理する」のようなパターンだったり、小切手の振り出しと受け取りで勘定科目が異なったりと、「ナゼ!?」と思うような独特な考え方がたくさん出てきます。独特すぎるので、理屈で考えようとすると、頭がパニックになりがちです。(←私のことです。) 簿記の世界に身をゆだねて「こういうもんなんだ」と思って、サバサバと学習を進めることをオススメします。

簿記3級講座【資格の大原】

FP講座【資格の大原】

【スタディング】受講者10万人突破!スマホで学べる人気のオンライン資格講座申込

最後までお読みいただきありがとうございました。
記事の感想や意見など、気軽にコメント欄やお問い合わせフォームからお寄せください。
ほんの少しでも読者さんの生活に役立てるよう、今後も日々の発見や自身の体験を発信していきます。

★★簿記関連の記事は、こちらから★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました